敬老の日2018年はいつ?おすすめプレゼント・ギフト特集

敬老の日2018年はいつ?おすすめプレゼント・ギフト特集

こんにちは。
【Online Shop 月桂冠】の矢野です。

9月の国民の祝日として有名なのが「敬老の日」です。
敬老の日は、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」とされています。

今日は敬老の日の由来や今年の日にち、おすすめのプレゼントをご紹介します。

敬老の日の由来

敬老の日は、1947年9月15日に兵庫県多可郡野間谷村で開かれた「敬老会」が起源であるとされています。

当時、野間谷村の村長であった門脇氏が、
「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りををしよう」と開催したといわれています。
農閑期にあたり、気候も良いことから9月の中旬という日が選ばれました。

これが全国的な広がりを見せ、1966年に「敬老の日」が制定されました。
その後2001年に祝日法が改正され、敬老の日は9月の第3月曜日となりました。

2018年の敬老の日

敬老の日

敬老の日は9月の第3月曜日とされています。
そのため、年によって祝日が変わります。

2018年の敬老の日は9月17日(月)です。

敬老の日おすすめプレゼント

毎年花やお菓子を贈っているあなた!
今年の敬老の日は一味違ったプレゼントを贈ってみませんか?

敬老の日におすすめのプレゼント・ギフトをご紹介!

お酒が好きな方におすすめ

1. 酒米3種飲み比べセット

酒米3種飲み比べセット

日本酒ツウの方におすすめ!
お米の違いを飲み比べる日本酒セットです。

「大吟醸」や「純米酒」など、造りの違いによる飲み比べはよくありますが、
お米ごとの違いを楽しむ飲み比べはなかなか珍しいのでは?

過去に一度生産が途絶えた幻のお米「祝(いわい)」で造られた大吟醸は名前の縁起も良くおすすめです。

詳しい商品情報はこちら

2. ヌーベル・エ・レトロ

ヌーベル・エ・レトロ

日本酒の酒質は年代によって変わってきていることをご存知ですか?
新旧の日本酒の味わいの違いを楽しめる通販限定のセットです。

『月桂冠 レトロボトル吟醸酒』は明治時代に発明されたデザインです。
駅売りの酒として当時の鉄道省で採用され、月桂冠が広く知られるきっかけになりました。

「ヌーベル」は新しさ、「レトロ」が懐かしさを表す言葉。
時代とともに移り変わる日本酒の味わいを飲み比べてみてはいかがでしょうか。

詳しい商品情報はこちら

お酒を飲まない方におすすめ

1. 酒蔵の本格派 甘酒

月桂冠 甘酒

酒粕の風味が楽しめるコクのある味わいの甘酒です。

甘酒は栄養たっぷりの伝統的な飲み物で、ビタミンやミネラル、タンパク質多くの成分を含んでいます。
月桂冠の甘酒には、食事に不足しがちな食物繊維も入っています。

また、酒粕由来のレジスタントプロテインという整腸作用のある成分も入っており、身体にうれしい要素がたっぷりです。

【通販限定】のギフトケース入り商品もおすすめです。

詳しい商品情報はこちら

2. 月桂冠の高級奈良漬

月桂冠 奈良漬

月桂冠の奈良漬は厳選された酒粕にじっくり漬け込み熟成させて作られています。
べっ甲色に輝く色や甘い香り、しゃきしゃきした歯ざわりが特徴です。

奈良漬の原料はすべて国産のもの。
保存料・着色料・人口甘味料は一切使用しておりません。

アツアツご飯が進むこと間違いなしの逸品です。

詳しい商品情報はこちら

まとめ

2018年の敬老の日は9月17日(月)です。
敬老の日は日頃の感謝を伝える日。

素直に言葉で伝えることができない、遠くに住んでいて会えないという方はプレゼントで想いを伝えてみてはいかがでしょうか。